文字サイズの変更[元に戻す | + 拡大
◆「先進医療に係る費用」は全額自己負担となります。 先進医療を受けた場合、患者は「先進医療に係る費用」を全額自己負担することになっています。 診療・検査・投薬・入院料等「先進医療に係る費用」以外の通常の治療と共通する部分の費用については一般の保険診療と同様に扱われますので、一般保険診療と共通する部分は保険給付され各健康保険制度における一部負担金を支払うことになります。 そのため患者は先進医療に係る費用と一般の保険診療に係る費用を負担することになります。

 
◆領収書はたいせつに
「先進医療に係る費用」
「通常の治療と共通する部分の一部負担金」
「食事についての標準負担額」などの金額を記載した領収書が病院より発行されます。 この領収書は税金の医療費控除を受ける場合に必要となりますので、大切に保管するようにしましょう。
 
◆先進医療に係る費用の例
先進医療
技術番号
先進医療技術名 年間
実施件数
1件あたりの
自己負担金(円)

※費用は先進医療専門家会議における「平成29年度実績報告(平成28年7月1日~平成29年6月30日)」より
  試算した概算になります。1件あたりの自己負担金額が多い上位30技術を掲載しております。
  費用は医療の種類や病院によっても異なります。